巡礼 和歌 和讃

巡礼 和歌 和讃、御詠歌(ごえいか)とは

御詠歌は多くの場合、霊場巡礼やさまざまな法会で歌われます。どのような法会で御詠歌を歌うかは宗派や慣習にもよりますが、近畿地方などでは死者の弔いに際しても御詠歌を歌う慣習があります。親族が葬儀から四十九日まで毎夜御詠歌を唱え、お盆になると法要の参加者が皆で詠唱します。近年はこの慣習もずいぶん見られなくなりましたが、福井県内では一部寺院や農村部で「講」に所属する女性たちが葬儀の際に御詠歌を詠唱するしき。

和讃とは、仏様やお釈迦様、仏教の経典などを日本語で賛美する歌のことを言います。元々仏教は、インドや中国などを経由して日本に入ってきた教えですから、仏教の経典や讃歌などはインドや中国で使用されてきたサンスクリット語や漢語などの言葉で書かれています。そのため、経典などをそのまま読んでも日本人には理解できません。それで、仏教経典や讃歌を日本人でもわかるように日本語に翻訳したものを和讃と言います。和讃の原。

高野山金剛流は、古来より存在した大和流や、妙音流(みょうおんりゅう)などの詠歌を転用していた程度でしたが、大阪府河内長野にある天野山(あまのさん)金剛寺第76世の曽我部俊雄・和尚が昭和4年に高野山金剛講総本部詠監に就任されて以来、旋法、音階、音符などの基本的な楽理を編纂し、そこにさらに流儀の指導原理や所作法を完成され、さらには新しい作詞や作曲を次々に発表されて、今日のように他流には見ることのできな。

 旭川近郊にお住まいの皆様、楽しみながら御詠歌をはじめてみませんか? 御詠歌はどなたでも唱えることが出来る仏教音楽です。当寺は、真言宗豊山派豊山流大師講御詠歌です。 御詠歌とは、古来より詠い継がれていますが、江戸時代には霊場を巡りながらお唱えした「巡礼歌」が盛んにお唱えされるようになり今に伝わります。 五七五七七の和歌に詩をつけた「詠歌」、七五調、五七調の歌に曲をつけた「和。

 昔、熊野参りのときは和讃や御詠歌を歌って歩いた。ある日、巡礼の女が滝の前で歌っていた。歌に気づいた盗賊が近づき、切りつけて金を奪って淵に投げこんだ。死体は穴に吸い込まれ、二度と浮かんでこなかった。 話を聞いた村人が、供養になればと「紀伊の国那智山 ふだらくやしきうつなみはみくまのの なちのおやまにひびくたきつせ」と詩歌を歌った。すると、いきなり滝壺から、白装束の女が現れた。  また、この滝で鰻。

御詠歌とは、どなたでも唱えることができる仏教音楽です。古来より詠(うた)い継がれていますが、江戸時代には霊場(れいじょう)を巡りながらお唱えした「巡礼歌(じゅんれいか)」が盛んにお唱えされるようになり、今に伝わります。御詠歌には五七五七七の和歌に曲をつけた「詠歌」、七五調、五七調の歌に曲をつけた「和讃」、詠歌と和讃を組み合わせたものがあります。こうした御詠歌をお唱えすることで、仏さまの教えや徳が身。

御朱印をいただいたりすると「ご詠歌の御朱印」といったものを目にする機会もありますが、ご詠歌というのはどんな歌なのか、宗派によって違いがあるのか、詳しく知っているという人は少ないものです。今回は占い師の筆者が、ご詠歌とは? どのようなもので、どう歌うのか、楽譜はあるのか? といったようなことについて掘り下げてみようと思います。どうぞお付き合いください。「詠」という字は「詠唱」の「詠」であり、歌(和歌。

御詠歌(ごえいか)とは

御詠歌は多くの場合、霊場巡礼やさまざまな法会で歌われます。どのような法会で御詠歌を歌うかは宗派や慣習にもよりますが、近畿地方などでは死者の弔いに際しても御詠歌を歌う慣習があります。親族が葬儀から四十九日まで毎夜御詠歌を唱え、お盆になると法要の参加者が皆で詠唱します。近年はこの慣習もずいぶん見られなくなりましたが、福井県内では一部寺院や農村部で「講」に所属する女性たちが葬儀の際に御詠歌を詠唱するしきたりが、現在も残っています。「講」とは「念仏講」など、同じ仏教宗派に所属する地域住民の集まりです。葬儀で御詠歌を耳にする機会は確実に減ってきていますが、近畿地方あるいは福井県での葬儀に際しては、この慣習が残っていることを心に留めておくとよいでしょう。また、近年は四国八十八所をはじめ、日本各地で盛んに霊場巡礼が行われています。ご自身が霊場巡礼をしていなくても、何かの折に触れて寺院に立ち寄った際に、巡……

葬儀用語 和讃とは? 総合葬祭

和讃とは、仏様やお釈迦様、仏教の経典などを日本語で賛美する歌のことを言います。元々仏教は、インドや中国などを経由して日本に入ってきた教えですから、仏教の経典や讃歌などはインドや中国で使用されてきたサンスクリット語や漢語などの言葉で書かれています。そのため、経典などをそのまま読んでも日本人には理解できません。それで、仏教経典や讃歌を日本人でもわかるように日本語に翻訳したものを和讃と言います。和讃の原型となる「讃歎(さんだん)」は奈良時代に作られたようで、のちの平安時代の中期には定着し、歌の形式も七五調と覚えやすかったことも手伝って民衆などにも広く用いられていたことがわかっています。さらに鎌倉時代には仏教の布教のために浄土宗の開祖が本格的に和讃を作りました。のちに他の宗派でも用いられるようになっていったようです。では現代では、和讃はどうなっているのでしょうか。和讃は現代では受け継がれており、お……

御詠歌のご案内 太山寺のご案内 門司太山寺

高野山金剛流は、古来より存在した大和流や、妙音流(みょうおんりゅう)などの詠歌を転用していた程度でしたが、大阪府河内長野にある天野山(あまのさん)金剛寺第76世の曽我部俊雄・和尚が昭和4年に高野山金剛講総本部詠監に就任されて以来、旋法、音階、音符などの基本的な楽理を編纂し、そこにさらに流儀の指導原理や所作法を完成され、さらには新しい作詞や作曲を次々に発表されて、今日のように他流には見ることのできない名曲を持った「金剛流」を大成されました。当流の特徴は、陽旋調(ようせんちょう)という、西洋音楽でいう長調の曲が多いことと、旋律の優雅さがあげられます。独自の唱え方として「シオリ」「オシ」「アタリ」「マワシ」など、全曲に細密な歌謡法がつけられています。また、歌詞が和歌調のものを御詠歌、そうでない五七調や七五調の韻文のものを和讃、その他に巡礼歌式などがあり、それぞれ区別しています。音の構成は宮(きゅ……

御詠歌始めませんか? 真言宗豊山派 五百仏寺

 旭川近郊にお住まいの皆様、楽しみながら御詠歌をはじめてみませんか? 御詠歌はどなたでも唱えることが出来る仏教音楽です。当寺は、真言宗豊山派豊山流大師講御詠歌です。 御詠歌とは、古来より詠い継がれていますが、江戸時代には霊場を巡りながらお唱えした「巡礼歌」が盛んにお唱えされるようになり今に伝わります。 五七五七七の和歌に詩をつけた「詠歌」、七五調、五七調の歌に曲をつけた「和讃」、詠歌と和讃を組み合わせたものがあります。こうした御詠歌をお唱えすることで、仏さまの教えや徳が身に付き、安らかな心になります。また亡き人供養のために捧げる御詠歌もあります。 御詠歌をお唱えすることは、仏さまの教えを実践していることにもなります。 苦しい時の心の支えになり、また共に唱える仲間を集うことで励みにもなります。年間各行事後に行っております。テキスト、および鈴征道具はお寺で用意しておりま……

滝物語74 巡礼者の歌 禁じた地〜歌うたわずの滝(田辺市本宮町武住)

 昔、熊野参りのときは和讃や御詠歌を歌って歩いた。ある日、巡礼の女が滝の前で歌っていた。歌に気づいた盗賊が近づき、切りつけて金を奪って淵に投げこんだ。死体は穴に吸い込まれ、二度と浮かんでこなかった。 話を聞いた村人が、供養になればと「紀伊の国那智山 ふだらくやしきうつなみはみくまのの なちのおやまにひびくたきつせ」と詩歌を歌った。すると、いきなり滝壺から、白装束の女が現れた。  また、この滝で鰻を取ると次から次に鰻が現れ、取り尽くせないうちにあたりは真っ暗となり、滝の周りだけ大雨が降ったという。 別名、巡礼滝。この滝で、決して歌ってはいけない。歌うとオヒメサンが出てくると、今も伝わるのだ。(経路…国道311号から武住谷川をさかのぼる)(ニュース和歌山/2019年2月23日更新)……

御詠歌の練習が再開されました。 牛頭山

御詠歌とは、どなたでも唱えることができる仏教音楽です。古来より詠(うた)い継がれていますが、江戸時代には霊場(れいじょう)を巡りながらお唱えした「巡礼歌(じゅんれいか)」が盛んにお唱えされるようになり、今に伝わります。御詠歌には五七五七七の和歌に曲をつけた「詠歌」、七五調、五七調の歌に曲をつけた「和讃」、詠歌と和讃を組み合わせたものがあります。こうした御詠歌をお唱えすることで、仏さまの教えや徳が身につき、安らかな心になります。また、亡き人の供養のために捧げる御詠歌もあります。御詠歌をお唱えするということは、仏さまの教えを実践していることにもなりますから、苦しい時の心の支えになり、また、ともに唱える仲間と集うことで励みにもなります。真言宗智山派の御詠歌を「密厳流(みつごんりゅう)」といいます。当院の住職は元密厳流の本部師範を勤めておりました。 宝寿院の御詠歌講は以前は20名近くおられましたが……

ご詠歌とは?意味・歴史・由来(起源)・どんな時に歌うのか?

御朱印をいただいたりすると「ご詠歌の御朱印」といったものを目にする機会もありますが、ご詠歌というのはどんな歌なのか、宗派によって違いがあるのか、詳しく知っているという人は少ないものです。今回は占い師の筆者が、ご詠歌とは? どのようなもので、どう歌うのか、楽譜はあるのか? といったようなことについて掘り下げてみようと思います。どうぞお付き合いください。「詠」という字は「詠唱」の「詠」であり、歌(和歌)を詠む(よむ)という時に使われる文字です。「ご詠歌」とは、ただの和歌ではなく、和歌の中に仏教の理念や信念をこめて作成されたもの。さらに、普通の和歌と違うところは、メロディー(旋律)があるところです。文字数としては「五七五七七」の和歌に則ったものになっていますが、メロディーがつけられていることで「みんなで歌う」といったことも可能になっており、キリスト教で言うところの賛美歌的な扱いをされることもよく……

平均ユーザー評価

4.5 / 5

カテゴリ